人気ブログランキング |

<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

本書はまずタイトルから興味を引かれました。
読む前からおもしろそうな感じはしていましたが、実際読んでみて予想以上でした。

冒頭の、目次にも載っていない名もなき短い章で物語の前提が説明され、20年前のペルーの日本大使公邸占拠事件を思い出しましたが、この物語は、占拠事件とは違い、人質全員が爆死という最悪な結末でした。
それを受けて始まる人質の朗読は、戦争やテロの理不尽さみたいなものに触れながら進んでいくのかと思っていたら、そういうものは一切なく、決してドラマチックではない、つつましい日常の出来事が淡々と語られるという展開でした。

第一夜から第八夜まで、職業も地位もさまざまな8人の人質が朗読した物語には一つとして退屈なものはなく、それぞれがふとした出会いで生まれた、強く心を動かされた体験を語っています。
私が特に好きだったのは「B談話室」で、この話自体は非現実的ですが、ああいうよくわからない講座や集いみたいなのは現実的に結構あって、何となく気になるところですが、この朗読者のように足を踏み入れる行動力は持っていないです。

本作は、朗読ごとに文末で職業や年齢、旅行参加理由が記載されているのですが、その最後の一文を読むたび、思い出の時点と爆死した時点の間に流れた時間を想像したり、この人はもう存在しないのだといろいろ考えてしまい、すぐには次の朗読に進めなかったです。

最後の語り手が朗読を盗聴していた通信兵というのも意外なところで、著者のインタビューによれば、連載の都合上もう一回分必要となったので、苦し紛れに書いた作品とのこと。そういう偶然もあって見事な一冊として完成しているのも非常に興味深いです。

本書を読み終えて、自分が同じような状況にあったらどんなことを朗読するか考えてみましたが、これといってないのが悲しいところです。
多分、私があのような状況に置かれたら、本書の人質のように心を静かに保とうと努力せずに、脱出のことをずっと考えていると思います。または「どうせ死ぬなら一矢報いん」とか物騒なことを考えているかと思います。

by yuki-kizaki | 2017-12-02 13:56